新型コロナウイルスに関係する内容の可能性がある記事です。
新型コロナウイルス感染症については、必ず1次情報として 厚生労働省 首相官邸 のウェブサイトなど公的機関で発表されている発生状況やQ&A、相談窓口の情報もご確認ください。※非常時のため、すべての関連記事に本注意書きを一時的に出しています。
見出し画像

コロナに負けるな!賃貸仲介のアットハース、在留外国人の生活サポートを無償提供!

外国人向けの賃貸仲介と生活サポートをオンラインで行うアットハースは4月23日、不安定な状況下での入居者の不安を払拭する事を目的に、10万円給付や入居後の総合生活サポートを開始した。対象となるのは「AtHearth」にて賃貸仲介サービスを利用し、入居した在留外国人。(該当する外国人が勤務する企業からの問い合わせも受付可。)

画像1

新型コロナウィルスの影響で、自宅隔離を進める中で10万円給付やマイナンバー発行などの役所手続きやテレワーク対応のためのインターネット開設といった生活サポートを求める在留外国人が増えている。また、それぞれ申請の窓口が異なり、また日本語でのコミュニケーションが必須となるため、一貫したサポートが求められている。そこで不安定な状況下での入居者の不安を払拭する事を目的に、インターネット、銀行口座の開設、水道光熱ガスの契約、関連する役所手続きなど入居後の日常生活に必要となる手続きを通常の賃貸仲介料金に上乗せする事なく、無料で提供する事とした。

スクリーンショット 2020-04-21 18.42.15

賃貸仲介手数料は賃料の1ヶ月分(※月額賃料9万円以上から申し込み可能)のみ、役所手続きや翻訳・通訳を含めた総合生活サポートは当面上乗せ費用(※通常は月額賃料の2%)無しで対応する。尚、通常の客付け管理会社(集客を行う宅建業者)は賃料1ヶ月で物件の紹介を行うのみで入退去のサポートなどは行っていない。アットハースは過去5年間で2,000人以上の在留外国人をサポートしている。

スクリーンショット 2020-04-21 18.40.25

会社概要:アットハース株式会社
外国人向け賃貸仲介サービス(web・スマートフォン)の運営を行う。本サービスの普及を通じてて、外国人という概念自体をなくし、誰もが自由に暮らし、Hearth(= 暖炉)の前の様な居心地の良い暖かな場所を持てる世の中を作る。
・事業内容:外国人向け賃貸仲介サービス、総合生活サポート
・所在地:東京都千代田区神田淡路町1-1-2長岡ビル 
・設立:2015年10月1日
サービスサイト、会社概要:https://athearth.com/

14
https://athearth.com 外国人向けの賃貸仲介&生活サポートサービス「AtHearth」 誰もが自由に暮らせる世界を不動産から作ります。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。